交通事故の示談交渉確実な方法






1. 正当な金額の確認すべし!!


1-1. 『保険会社』だと損する?



交通事故のトラブル時、『示談の金額を損していたことに気がついた!』というケースがある。理由は、保険会社の示談担当者の対応にまかせるため。

メインの業務は保険業であるため、低い水準の示談額が提示されている。

中には、総額が2〜8倍まで変化したという事例も、確認されています。

保険会社からのサポートを受け、初期的な対応でトラブルが完全に解決すれば、それがベスト。

もし、解決しない場合や、示談額に第三者の意見を聞くことで解決するケースもあります。

1-2. 利害のない中立的な金額を知っているのは誰!?


もっとも『利害のない中立的な金額』を知っていて、相談することが出来るのは法律家。
行政書士は、示談交渉など仲介業務を禁止されている

「保険会社または当事者間での示談」の場合、納得がいかない結果になることが多い。

「できるだけ事故の処理を簡素化して処理する」ことが目的になり、損害賠償額・弁償額に納得できないというケースがある。
双方の利害が折り合うことが少なく、感情的になって示談が遠のいてしまうのは、よくあるパターン。


裁判を起こしたり、起こされたりということ発展しかねません。捻出しながら慰謝料を求めるケースも増えています。

慰謝料が少しでも発生するような事故の場合には、相手の確実な連絡先を確認しておくと同時に、『法的に公正な金額』を確認しておくことをオススメします。 弁護士サービを活用すると状況に応じたサポートが受けられるためメリットが大きい。


1-3. 当事者間の正当な金額?



『正当な金額』は、その交通事故について『正当な金額』を計算できません。示談額も数十万円から、仕事に支障が少しでも残るケースだと
当事者間の示談が上手くいかないのは、第三者の意見を聞くことが出来なくなってしまうからです。


どこまでが適切な金額なのかを当事者同士だけでは、その後に現れる後遺症は生活や仕事に支障をきたすケースがあります。

また、示談金を払えない過失割合・交通事故賠償金の請求などが発生し、法的な処理・相談が必要になります。

1. 第三者法律家の判断



2-1. 示談金相場

交通事故にも様々なケースが。それぞれの『状況が異なるため』責任の所在を明確にして、法律家の意見を聞くことが必要です。

『本当の示談金の相場』は、法律家に相談することで、自身の事故にもっとも近い事例を確認できます。不安を解決するためのサポートを受けることも可能です。

『本当にもとめるべき示談金』公正な判断が出来る人の意見を確認することから、行動を起こすのがベストです。


2-2. 公正な判断を知る!

現在は初期費用無料で、相談に乗ってもらえる弁護士サービスがあります。有利な回答を確認しておくことで今後の示談の交渉の仕方を見通すことができます。

弁護士に事故の詳細を伝えて、『最適な解決方法』について意見を求めることは重要です。

相手が見ず知らぬ相手であることを考えると、今後想定しておくべき後遺症や物損の被害状況などは、適切なサポートを受けられません。

1. しっかりしたサポートを確認


3-1. 法律家にお願いするメリットデメリット


【法律家にお願いすることのメリット】:大きな事故の場合には、法律家のサポートが必要

◎ 最も公正な視点で、問題解決に導いてもらえる。
◎ 保険会社の示談と比べて、『より正確な示談金』になることが多い。
◎ 初期費用¥0で相談できる 示談金が確定した後の成果報酬制なのでリスクがほとんど無い。

【法律家にお願いすることのデメリット】:小さな事故の場合、保険会社のサポートで十分。

✓ すぐに解決できる交通事故の場合は不要。
✓ 保険会社による時間がかかる。
✓ 費用が明確ではない弁護士!


『保険会社』、『弁護士』双方のアドバイス・サポートを受けることで


3-2. すぐに確認/相談すべき?

交通事故のトラブルを解決に必要なのは、『第三者によるサポート』。
保険会社または、弁護士からのサポートを受けること。


交通事故トラブルの中で、よくあるケースとして、

『すぐに相談をしておけば、様々な対処ができたのに!』
という失敗が。

時間が経ってしまうほど、解決を困難にしてしまう。

後悔するケースとしては、下記のような過去事例があります。

× 大きな事故の慰謝料を保険会社まかせ。
× 示談金を正確に計算しなかったこと。
× 相手とのやりとりのなかで、問題がこじれて、裁判にまで発展。


 ⇒ 事前に弁護士に相談しておけば、多くの場合、
  示談に導けることがほとんどです。


弁護士サービスはコチラでご確認頂けます。







   交通事故のトラブルは、最短の解決策が
   見つかることがあります。

  
   納得のいく回答が返ってくるまで、粘り強く求めましょう!