【宮城郡七ヶ浜町無料相談】交通事故の示談交渉 損をしない確実な方法

本当の慰謝料を確認するには、
第三者の視点が必要です!

確認すべきは、
『正当な金額の確認/第三者の法律家の判断/しっかりしたサポート』


⇒ 『宮城郡七ヶ浜町』から無料相談を受けられる、無料交通事故サポート


1. 正確な補償金額を確認すること!


1-1. 『保険会社』だけに示談をまかせると、なぜ損する可能性があるのか?



交通事故のトラブル時、『示談の金額を損していたことに気がついた!』というケースが増えています。理由は、保険会社の示談担当者の対応にまかせて、後悔してしまうことにあります。

なぜ、自動車保険会社に対応をまかせることで、後悔してしまうことになったのか?

それは、上の図の通り、『保険会社の本業は、示談ではない』からです。

メインの業務は保険業であるため、最近増えてきてる外資系の安い保険会社だけに示談交渉を頼んでいたことで、納得のいく示談額で合意出来ないケースや、本来よりも低い水準の示談額が提示されているケースが増えているのです。

中には、慰謝料・賠償額・仕事への影響などを、計算し直した結果、示談額の総額が2〜8倍まで変化した(正当な金額をもらえていなかった)という事例も、複数件確認されています。

もちろん保険会社からのサポートを受け、初期的な対応でトラブルが完全に解決すれば、それがベストです。

もし、解決しない場合や、示談額に不安がある/納得がいかないという場合には、第三者の意見を聞くことで解決するケースもあります。

1-2. 利害のない中立的な金額を知っているのは誰!?


もっとも『利害のない中立的な金額』を知っていて、相談することが出来るのは法律家(弁護士)です。
行政書士は、示談交渉など直接の仲介業務を禁止されているため、実際に示談を行うことができるのは、弁護士です。

公平に対処してくれるだろうと思われている「保険会社または当事者間での示談」の場合、どうしても納得がいかない結果になることが多いのが現状です。

『保険会社』にお願いする場合、「できるだけ事故の処理を簡素化して処理する」ことが目的になり、当事者間の意見や、損害賠償額・弁償額に納得できないというケースがあるのです。

『当事者』同士で、交通事故の示談を使用とする場合、双方の利害が折り合うことが少なく、感情的になって示談が遠のいてしまうのは、よくあるパターンです。


後遺症などの、「後から被害に気がつく」というケースにも注意が必要です。後になって裁判を起こしたり、起こされたりということ発展しかねません。実際に示談で解決できず、裁判費用を捻出しながら慰謝料を求めるケースも増えています。

もし、慰謝料が少しでも発生するような事故の場合には、相手の確実な連絡先を確認しておくと同時に、かならず一度は、法的な専門家への相談をしておくことで、『法的に公正な金額』を確認しておくことをオススメします。 無料の範囲で確認できる弁護士サービを活用すると状況に応じたサポートが受けられるためメリットが大きいです。


1-3. 当事者間の示談が上手くいかない理由と、正当な金額って!?



結論から言うと、『正当な金額』は、その交通事故について、法的な判断ができる弁護士などに相談するまでは『正当な金額』を計算できません。示談額も数十万円から、仕事に支障が少しでも残るケースだと数百万円以上も想定すべきです。

当事者間の示談が上手くいかないのは、双方の利害を主張することによって、第三者の意見を聞くことが出来なくなってしまうからです。


物損事故でさえ、どこまでが適切な金額なのかを当事者同士だけでは、解決できないことも多く、あとになって、タイミングベルトや、メインシャーシ・ミッション系のトラブルが見つかって、廃車にせざるを得なくなるケースもあります。後遺症についても同様で、その後に現れる後遺症は生活や仕事に支障をきたすケースがあります。

また、示談金を払えない(払い渋り)の場合や、示談金自体に納得がいかないという場合の対応を、素人同士で解決することはとても困難です。事故の内容によって、休業補償や子供が被害に遭った場合の対応の示談交渉・過失割合・交通事故賠償金の請求などが発生し、法的な処理・相談が必要になります。

1. 第三者の法律家の判断は重要!!



2-1. 本当の示談金の相場

交通事故にも様々なケースがあります。具体的には「もらい事故・当て逃げ・追突事故・玉突き事故・物損事故・人身事故」など、それぞれの『状況が異なるため』責任の所在を明確にして、双方が正当な示談額を導くためには、法律家の意見を聞くことが必要です。

『本当の示談金の相場』は、個々のケースで異なります。法律家に相談することで、自身の事故にもっとも近い事例を確認できます。さらに、『どんな方法で正当な示談金を求めるのがベストなのか?』という不安を解決するためのサポートを受けることも可能です。

『本当にもとめるべき示談金』を知るためには、もっとも公正な判断が出来る人の意見を確認することから、行動を起こすのがベストです。


2-2. 公正な判断を知ることは誰にでも出来る!

交通事故の場合、現在は初期費用無料で、相談に乗ってもらえる弁護士サービスがあります。法的な観点から言うと、公正な判断を得るためには、法律の専門家である弁護士にサポートを受けることが大切です。公正な第三者の視点で、有利な回答を確認しておくことで今後の示談の交渉の仕方を見通すことができます。

第三者の公正な判断も知るために、弁護士に事故の詳細を伝えて、『最適な解決方法』について、意見を求めることは重要です。

特に、相手が見ず知らぬ相手であることを考えると、最低限確認しておくべき内容や、今後想定しておくべき後遺症や物損の被害状況などは、事故の詳細について伝えないと、適切なサポートを受けられません。

1. しっかりしたサポートを確認する!


3-1. 法律家にお願いすることのメリット・デメリット


【法律家にお願いすることのメリット】:大きな事故の場合には、法律家のサポートが必要です

◎ 最も公正な視点で、過去のノウハウの集積の上で、問題解決に導いてもらえる。
◎ 保険会社の示談と比べて、互いの言い分を聞いた上での『より正確な示談金』になることが多い。
◎ 初期費用¥0で相談できる良心的な弁護士サービスも。その場合、示談金が確定した後の成果報酬制なので、リスクがほとんど無い。

【法律家にお願いすることのデメリット】:小さな事故の場合、保険会社のサポートで十分です。

✓ 示談金額が数千円程度の、すぐに解決できるような交通事故の場合は不要。
✓ 保険会社による簡素な示談よりも時間がかかる。
✓ 費用が明確ではない弁護士には要注意!


『保険会社』、『弁護士』双方のアドバイス・サポートを受けることで、
より最適な解決策を得ることができます。



3-2. すぐにサポートを確認/相談すべき理由とは?

交通事故のトラブルを解決に必要なのは、『第三者によるサポート』です。
保険会社または、弁護士からのサポートを受けることで、トラブルの解決への第一歩が踏み出せます。


交通事故トラブルの中で、よくあるケースとして、

『すぐに相談をしておけば、様々な対処ができたのに!』
という失敗が非常に多く、

時間が経ってしまうほど、解決を困難にしてしまうことがあります。

後になって、後悔するケースとしては、下記のような過去事例があります。

× 大きな事故の慰謝料を保険会社まかせにしたことで、本来求められる示談額と異なる金額で、決定してしまう。
× 示談金を正確に計算しなかったことで、大幅に損をしてしまう。
× 相手とのやりとりのなかで、問題がこじれて、裁判にまで発展してしまい、余計な費用が発生する。


 ⇒ 事前に弁護士に相談しておけば、多くの場合、
  裁判の前の段階で双方が余計な金額を出費せずに、
  示談に導けることがほとんどです。


初期費用¥0+示談した場合のみの支払いで済む、
弁護士サービスはコチラでご確認頂けます。







   交通事故のトラブルは、
   多くの選択肢を検討しておくことで最短の解決策が
   見つかることがあります。

   交渉はプロにお願いして、
   納得のいく回答が返ってくるまで、最後まで粘り強く求めましょう!